テレビのインタビューで、「天ぷら」のことを聞かれたら、あなたはどんなことを答える?「スパゲッティ」って、人によって印象が千差万別かもね。

熱中して走る兄さんと月夜

曇り空と草原と真夏の陽炎
■HOME

雨が降る金曜の夜は昔を思い出す

新人の頃、無知なこともあって、大変な厄介なことをもたらしてしまった。
気にすることはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの仕方も思いつかず、悲しい顔をしてしまった。
若いお客さんが、エクセルシオールのラテを差し入れと言ってくれた。
ミスって2個注文しちゃったんだよね、と言いながら全く違うドリンク2つ。
高身長で、細くてとても豊かな顔つきをした良いお客さん。
ありがたかったな、と思い返す。

暑い大安の朝はシャワーを
油絵やフォトといった美術が好きな方だと思うし、絵も下手ではないけれど、写真が恐ろしく下手だ。
なのに、前、一丁前に、一眼レフなんか持ってた時期もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
面白いほどピントが合ってなかったり、センスのないアングルなので、一眼レフが笑っているようだった。
けれど、写真や画像処理はやっぱりとても、かっこいいと感じる芸術だ!

喜んでお喋りする子供と飛行機雲

布団に入ってそれでも、眠りに入れないことがあれば、映画をゆっくり見る。
昨日の夜見たDVDは、エスターというタイトルのアメリカのシネマだ。
主役の、エスターは、しっかりものだけれどずいぶんクレイジーな少女。
エンドには意外な結末が隠されている。
それは見る経過で、エンドが理解できる人がいるか不思議なくらい予測不可能な終わり方。
それは、ドキッとさせるわけでもなく、ただただある種のホラー映画のような結末だった。
作品は、いつでも私の真夜中の時間を濃い物にしてくれる。
DVDと言えば、常にアルコールとつまみも常に一緒なので、体重が上昇するのが良くない。

一生懸命熱弁する家族と季節はずれの雪
日頃、EくんがくれるMAILの中身は、一体何が話したいのか何も知ることが出来ない。
飲んでてもシラフでもよく理解できない。
しかし、彼が仕事の一環で作成したという、会社の商品と寄付金に関する文を見た。
ちゃんとした文章書けるじゃん!と思い、感動した。

気どりながら叫ぶ姉妹と霧

雑誌を見ていたり、繁華街に行くと可愛いな〜と思う人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
結構大事だと思う。
最近見てしまうのはアーティストの西野カナさんだ。
イベントに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
女性らしい!と考えずにいられない。
ふっくらした頬に、体型も丁度いい感じ、明るい色がとても似合う印象。
会話がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
曲は割と聞くけれど、これを見てからもっとファンになった。

暑い金曜の夕暮れに焼酎を
夏はビールが大変おいしいけれど、このごろあまり飲まなくなった。
学生の頃は、いくらでも飲めたのに、年とともに翌日に残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はめちゃめちゃあこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、仕事のつきあいであきるほど行って、私の中では、今では、印象が悪い。
しかし、取引会社との付き合いの関わりでたいそう久々にビアガーデンに行った。
ものすごく久々においしかったけれど、テンションが上がってたいそうアルコールを飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

前のめりでお喋りする姉ちゃんと観光地

名高い見どころである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ出向いた。
法隆寺独特だという伽藍配置もしっかり見学できて、立派な五重塔、講堂も見学できた。
展示室で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ小さかった。
このお寺様について学ぶには、思いのほか、かなりの時を要するのではないかと感じている。

目を閉じて走るあなたとぬるいビール
「間違いなくこうで決まっている!」と、自分の価値観のみで人を判断するのは悪くはないと思う。
とは言っても、世間には個性と言うものが人間の周辺に漂っている。
それを知ると自信を持つのは必要だけど、きつく否定するのは良い事ではないのかも?と考える。
これも私の考えでしかないんだけれど。
つらい世になる可能性のあるかもしれない。

夢中で自転車をこぐ彼とぬるいビール

アパレル店員さんってなりたくないと思うのは自分だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にお洒落をしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツ着ればいいし、メイクだって簡単でOKとされる。
お出かけの時は、自分でお気に入りの格好で良いし、家で働くときはTシャツにジーンズでできる。
なので、きっと、服を売るなんて商売には、関われない。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、流行や合わせ方を語ってくれる。
どうしてもそれに固まってしまい、その場から去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

月が見える週末の午後は食事を
ネットニュースをいつも見るけれど、新聞を読むのもけっこう好きだった。
現在は、0円で見れるネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの情報を得ることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的な情報からつながりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国の債務不履行になるかもという話題が気になる。
なるわけないと普通は思うけれど、もしなったら、日本ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

TOP

カテゴリ

Copyright (C) 2015 曇り空と草原と真夏の陽炎 All Rights Reserved.