ちょっと「オムライス」について考えてみたいんだ。それほど敬遠するような疑問は無いと思うんだよ、「経営者」の特徴とかはね。

一生懸命お喋りするあなたと僕

曇り空と草原と真夏の陽炎
■HOME

泣きながら熱弁する友達と電子レンジ

夏休みが2週間くらい過ぎた頃の日暮れ前。
「缶蹴り」で鬼になった少年は、とてもお腹が減っていた。
捕らえても捕らえても缶をけられて捕虜が逃げるので、もう本日のカンケリは終わらないんじゃないかとうなだれていた。
クタクタにつかれて家まで戻ると、扉を開ける前に、今日の晩御飯が判明した。
メチャンコうまそうなカレーの匂いに、少年は笑顔になった。

気どりながら歌う君と花粉症
このところ、腹のぜい肉を頑張って減らそうと考え毎日、筋トレをしている。
自分の子供を俺の体の上にのせて数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、娘とのコミュニケーションにもなるし、娘も数字を心覚えるし、私のぜい肉も落ちるし、好都合だと考えていたけれど、はじめのうちは、きゃっきゃ言っていた2歳の娘もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

陽気に自転車をこぐ姉ちゃんと失くしたストラップ

花火の季節なのだけれど、今住んでいる位置が、行楽地で毎週夜に、打ち上げ花火が打ち上っている、もう嫌になってしまって、新鮮さも感じなくなった。
週末の夜、打ち上げ花火を打ちあげているので、クレームもたくさんあるらしい。
自分の、住居でもドンという花火の音がうるさくて娘が怖がって泣いている。
一回、二回ならいいが、夏季の間、土曜日に、だらだらと音がなっていては、うざい。
さっさと終わればいいのにと思う。

笑顔で歌う父さんと夕立
普通、マンションで個人的に行えるような働き方をして、繁忙期に声があると外に仕事に出る。
たった、たまにが、非常に怠く感じて仕方ない。
この際辞めてしまおうとか。
参加すれば張り切るけど、多くの社員に囲まれて、プロジェクトで業務を行うのは難題だ。
なんて、親に相談すると、言いたいことは理解できるよ、などクスクス笑っていた。

夢中で自転車をこぐ君とあられ雲

出張営業に出ると、一週間くらい帰ってこれない時がある。
その時は、一生懸命頑張ってる感は持っているけれど、とても緊張しているので、ほとんど眠れない。
起床予定時間のずいぶん前に、眠いのに目が覚めてしまう。
けれど、帰宅した時の解放感は最高だ。
狂ったように遊びまわるし、深く寝るし、食べたいものを食べる。

よく晴れた金曜の早朝にひっそりと
オフィスで勤めていた時の大好きな先輩は、親が社長で、これぞセレブそのものだった。
小柄で可愛くてハイテンションで、動物愛護の先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、頑張ってキャンペーンをしている様子。
革を使用しない、ベジタリアン、動物実験反対。
知り合ってすぐに、ご実家に訪れたことがある。
高級住宅地にある高層マンションで、東京タワーが見下ろせる場所。
先輩は、毛並みが上品な白い猫と同棲していた。

ひんやりした金曜の夕暮れは食事を

御盆でも里方から外れて住んでいるとたまにしか気づくことがないが、最小限、供え物くらいはと思い生家へ配送した。
故郷に住んでいたら、線香を手に持って祖先のお迎えに出向いて、お盆の最後に送りに行くのだが、離れて住んでいるので、そのように行うこともない。
ご近所の方は、線香を握って墓所に出向いている。
そういう様子が視野にはいってくる。
常時より墓前の近辺には多数の乗用車が停車していて、お参りの人もすごく多く視野にはいってくる。

息絶え絶えで吠える母さんと穴のあいた靴下
友人の彼氏であるSさんが経営する物産会社で、いつも和歌山の工場で作った梅干しをオーダーしている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下でアルEくんという男性は、なぜか話がかみ合わない。
素面のときのE君は、相当な人見知りらしく、そこまでたくさん話してくれない。
そんな感じで、一度もE君と話したと言えるくらい話をしたことがない。

控え目にダンスする妹と電子レンジ

珍しく不安な精神になってしまい、少しも楽しくなかった。
これといった理由があるという訳ではなく、いきなり悲観的になったり、現在までの出来事が無意味に思えた。
けれど、急に仕事ができた。
コンテンツはそこそこ大きな野外イベントで大手案件だった。
精神状態を理由にしてはいけないと思い切り替えて集中しているうちにいつもの楽観的な心持に戻ってきた。
気付いたけれど不安定なとき、明るい時間帯に太陽の光を求めたりしなかった。
お昼に活動するのも必要かもしれないと感じた。

控え目に泳ぐ友人とよく冷えたビール
仕事で仲良くなったお姉さんがいる。
変わった方で、トークの内容がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、通関士。
児童英語教師、漢字検定準1級、元スチュワーデス。
公認会計士までパスしていると噂。
さすがにこれを友人に話したら、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と職場結婚で退職していった。

TOP

カテゴリ

Copyright (C) 2015 曇り空と草原と真夏の陽炎 All Rights Reserved.